スポンサードリンク

2010年09月18日

「外為どっとコム」に業務停止命令

「外為どっとコム」に業務停止命令が出ました.

「外為どっとコム」といえば,外国為替証拠金取引(FX)の大手業者.
これが10月1日から1カ月間,FX取引全般を停止するということです.
影響が大きいですね.

ここではっきりしたのが,「業者は1社では危ない」ということです.

最近は詐欺のような悪質業者の事件は減りましたが,今回
「外為どっとコム」が今回起こしたのはロスカットの誤執行.
業者としてのレベルは業界トップクラスの「外為どっとコム」にさえ
こんなことがあるのです.

こういう時のリスクヘッジに,2〜3社に口座を持つことが必須です.
評判の良い会社をいくつかご紹介しますね.

 ☆ 伊藤忠グループのFXプライム

 ☆ 株券をFX取引の証拠金として代用できる。FXのマネーパートナーズ

 ☆ DMM FXは初心者向け


参照記事:
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000657-san-bus_all

6年ぶりの円売り介入!戦略は?
 FX関連商品を見る
posted by Globe at 15:19 | FX業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

ユーロ危機

「ユーロ危機」を変にあおる雑誌が多いです.

「ユーロ崩壊」
これは毎日新聞社の「エコノミスト」の大見出しもそうでした.
(かなり前でしたが)

「崩壊」説の中でももっともらしい理屈が,
「財政危機国への支援に国民が反対するので,ドイツがユーロを脱退する」
というもの.

もしそうなったら...

まず,今ユーロ安でドイツの景気は好調ですが,脱退によって再出現した
ドイツマルクはヨーロッパ最強の通貨になり,今享受している輸出産業の
メリットがなくなるどころか,深刻な輸出不況に陥ります.

もう1つ,現在ユーロ圏内の15カ国と統一通貨で行っている取引が,
脱退すれば全て為替を伴わなければできなくなります.
この取引コストの負担は計り知れません.
通貨高よりも国全体への影響は大きいかもしれません.

今回のユーロ危機は,「1つの金融政策,個別の財政政策」によるひずみが表面化したものです.

これを「だからやっぱりだめなんだ」と考えるのが「崩壊」の発想です.
しかし,今回のギリシャ支援は,個別国の財政にEUが関与したということです.

つまり,欧州が「経済・通貨統合」のさらに先にある目標としている
「政治統合」に向かって,具体的な一歩を踏み出したことを意味します.

「崩壊」とは全く反対の方向へのベクトルが働いたと考えるべきでしょう.

ワンクリックログインで素早いトレード

posted by Globe at 06:11 | 為替相場の通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

「円は安全資産」の誤解

「リスク回避で円が買われた」
という記事を見るようになってずいぶん経ちます.

この意味を理解していますか?
リスク回避の対象なので「円は安全資産」という誤解だらけの記事まであります.
あなたは,これを鵜呑みにしていませんか?
公的債務が実質GDPの2.5倍に達しようとしている日本の円が
「安全な通貨」
ということに違和感を覚えるのが正しい感覚だと思います.

この認識ギャップの原因を明らかにしましょう.

世界のマネーの流れは,
 低金利の円やドルを調達し,それを売って高金利通貨を買い,
高金利通貨に投資するという,いわゆるキャリートレードが再び活発化しています.
 そのことによって投資家は「リスクを取っている」
のであり,その背景には株式を代表とするリスク資産の含み益があります.

株価が下落すると,含み益が減少するため,資産全体でリスクを負担する
余力が小さくなり,どこかでリスク量を減らさなければなりません.
金融機関や機関投資家などは,この「リスク量」を厳密に計測しているので
必ずこの動きが起こります.

そこで,先程の「低金利の円やドルを調達し,それを売って高金利通貨を買い」
という動きが逆戻りします.
 高金利通貨を売って円を買い,調達していた円を返済する
これが「リスク回避」の意味です.

つまり,円を買うということは,円のリスクが小さいからそこに投資するの
ではなく,単に円を返済するために買っているに過ぎません.


これで,わだかまりが解けたでしょうか?


FX取引には,情報の質が大切.


トレイダーズ証券

posted by Globe at 10:15 | Comment(0) | 為替相場予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。