スポンサードリンク

2006年12月05日

為替相場思いつき(12/4-12/8)

2006/12/7 夜 重大な転機?

ECBは予想通り25bpの利上げ.完全に織り込んだ市場はほぼ静観です.
注目のコメントで,トリシェ総裁はインフレに対する警戒感を表明し
たものの,今回は「強い警戒」という表現を使いませんでした.この
ため,2ヶ月ごとに利上げというこれまでのペースに,次は変化がある
かもしれません.

それよりも注目したいのはブッシュ政権のイラク政策の今後の動向です.
ベーカー元財務長官を共同座長とするイラク研究グループ(ISG)が
「現在のイラク政策は機能していない」とした提言を受け,ゲイツ
新国防長官の就任とともにイラク政策は新展開を迎えます.

ユーロは1999年の誕生以来下落を続けましたが,大底から回復して
1ユーロ=1ドルを上回ったのは,ちょうどブッシュ大統領が「911」
テロを受けたイラクへの圧力を強めていた時でした.その後ユーロ
は,イラク戦争を経て2004年末まで対ドルで上昇基調を続けました.

昨年のドル反発は,占領後のイラク政権への権限委譲プロセスの中で
ドルに対するが高まったことが背景にあり,今年になって再びイラク
情勢が悪化する中でユーロ高が再開した,というのは決して偶然では
ないと思います.

そう見ると,今回の提言を受けて明確な政策転換がなされるとすれば
それはドルにとって好材料となる可能性が高く,ユーロの上昇局面
も,年明けあたりから大きな転機を迎えるかもしれません.

(前の日を読む)
posted by Globe at 04:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

為替相場デイリー(11/20-11/24)

2006/11/23

ドル/円が昨日の海外で117円を下抜けしました.対ユーロでも1.30ドルに迫っています.一応予想通りの展開ですが,ニューヨークの休日前で取引量が少なかったことも,マーケットの動きを軽くして相場を動かした原因です.

注意が必要なのは,もともとドルが売られる材料はたくさんあり,それは経常赤字しても利上げストップにしても,「べき」論からの熱烈な信奉者が多いことです.そのため,ひとたびドルが下落を始めると,そうした(「ほら,見たことか」という)声は一気に強まる傾向があります.今はこれに乗れません.

状況は何も変わっておらず,いわゆる「ドル安局面への転換」が訪れたわけではありません.週末にでも書きますが,来年は ドル>円>ユーロ の順に強い年になると思っています.このドル売りは115円程度まで.ドル買いのタイミングを計りたいところです.

(前の日を読む)
posted by Globe at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

為替相場デイリー(11/13-11/17)

2006/11/15(朝)

日本のGDPは久々のポジティブサプライズでした.ただし依然として内容に関する見方は割れていたようでで,東京では直後にやや円高となった後はむしろ118円近くまでの円安となりました.

一方海外では円高というよりもむしろドル安に押されてドル/円は再び117円台前半です.今週は米国の重要指標が目白押しなので,そちらに焦点が当たりますが,昨日のGDPは成長率,デフレーター共に趨勢としての改善を示しているので,再び円高要因として注目される場面が出てくると思います.

年内の利上げはないと考えていますが,来月の短観が近づいた時に,このGDPはやはりプラス材料視されるのでしょう.振れの大きい機械受注(次にどう出るかわからない,また今回の数字の修正も-どちらの方向にも-あり得ます)より,影響は大きいと思います.
posted by Globe at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

為替相場デイリー(11/6-11/10)

2006/11/7 一進一退

先週末の米国雇用統計で過去の数字が大幅に上方修正され,ドルに買い戻しが入りました.さらに昨日はシカゴ連銀のモスコー総裁が,インフレ抑制のための利上げの可能性に言及したことから,ドル/円は一時118円台半ばまで上昇.

しかし福井日銀総裁が,金利正常化は「フォワードルッキング」にという言い方をしたために早期利上げ観測がまた浮上し,円は再び117円台に.というところで中間選挙の結果を待つことになりました.

民主党の下院での過半数獲得は確実と言われますが,上院まで制した場合の為替への影響に関する見通しが割れています.ブッシュ政権の影響力低下を嫌気したドル売りと,財政再建を好感したドル買いですが,つい最近までほとんど材料視していなかったことを考えると,いずれにしても一時的な反応にとどまりそうです.
posted by Globe at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

為替相場デイリー(10/30-11/3)

2006/11/3 指標待ち

日本が休日で,夜に米国の雇用統計を控えているとあって日中は全く動きませんでした.昨日のECB理事会はインフレに対する「強い警戒」(vigilance)という表現を使い,12月の利上げを予告.これは市場では織り込み済みでした.

米労働省が発表した第3四半期の単位労働コスト(単位当たりの生産に要する労働コスト)は,前期比年率3.8%上昇と事前予想を上回りました.雇用統計発表の前日で反応しにくかったようですが,今日の数字がこの傾向を確認するようだと,2日分の反応(ドル買い)があってもおかしくありません.

ドル/円は116円台でとりえず跳ね返されたところですが,雇用統計にネガティブサプライズがなければ,117円前後や,それより下の水準はドル買いで臨みたいところです.
posted by Globe at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の為替相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。