スポンサードリンク

2007年12月01日

ドルの危うい回復

2007/12/1

ドルが昨日の東京からニューヨークにかけて回復し
ドル/円は久しぶりの111円台で引けました.

ドル/円が107円台に下落してからの回復は「リスク
許容度回復」の視点から説明する見方や,「単に
チャートの節目の107円台まで達したので自律反転
した」という単純な見方まで,様々な立場から論じ
られています.

もっとも,単純とは言いながら,短期的には後者の
見方は外れてはいないでしょう.

ところで今回のドル反転局面の特長は,米株の反転と
同時に起こっていることです.そして米株がこのところ
連騰している理由は「利下げ期待」.

しかし,その利下げ期待が起こる理由をよく見ると,
「その日に発表された米国の経済指標が弱かった」
ということに行き着く,というパターンの繰り返し
です.

弱い指標が出てくれば,FRBが最悪の事態を防ぐ
ために対応するので良くなるだろう,といういかにも
アメリカ人らしい楽観的な反応です.そのような予想
が将来実現するかも知れません.しかし今見えている
部分が良くないということだけが事実だということは,
忘れない方がいいと思います.

私は基本的にはサブプライム問題についてもそれほど
悲観的ではありませんし,ドルの腰は強いと思います.
ただ,近いうちにドルが力強く反騰を始めると考える
には,市場全体を覆う漠然とした不安が解消される
必要があります.





posted by Globe at 12:26 | 為替相場予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。