スポンサードリンク

2007年03月14日

円は着々とレンジ形成中

2007/3/14


このところドルに逆風が吹いています.116円台からいったんは117円そこそこまで戻したドル/円も,米国の小売売上も予想を下回って再び下落しています.

もう1つは最近話題のサブプライムローンに関する懸念があります.これはそう深刻な展開にはならないと思いますが,今マーケットでは旬なテーマになっているので,少なくとも短期的(と言っても私はデイトレードには興味がありませんので,1カ月以内という意味)にはドルは頭を押さえられそうです.

一方,ユーロ/円も153円台の円高になっています.つまり単にドル安ということではなく,円に対する売り疲れが出ているのでしょう.先日も指摘した通り,ユーロ圏当局からの円安牽制発言が根強いことも気になっているのでしょう.単に金利が低いから円は売りだという単純な発想ではマーケットは動いていないようです.

昨日(13日)の日経長官に出ていた,西村日銀審議委員の寄稿を読まれたでしょうか.CPIがゼロ前後であっても,その数字だけでは景気に対する不安材料にはならないと明言していました.日銀は「慎重」と常に前置きしながら,基本的な景気判断は(岩田副総裁以外は)強気です.日本株に再び投資する機会を狙っている海外勢は,こうした景気判断に敏感に反応しやすくなっています.

昨年末のように簡単に119円,120円という展開は,今の円には望めそうもありません.前回示した115-125というレンジの中で,今はその上限が120円になかなか届かない状況になっています.


posted by Globe at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替相場予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。