スポンサードリンク

2010年12月19日

「ユーロ崩壊」が起こらない理由

アイルランドがギリシャに次いで財政支援を受けることになり,
「ユーロ崩壊の危機」は今後も続くという論調をたまに見ます.

しかし,その可能性は非常に低いと考えています.

ユーロ崩壊論の主な根拠は,
「1つの金融政策・通貨」と「それぞれの財政」は共存できない
というものです.

危機に陥った国から見れば,景気回復の手段になりうる利下げや
通貨の切り下げが,統一通貨ユーロではできないのが不満です.
だから「ユーロに入ったのが悪いんだ!」という声があがります.

一方,支援する側から見ると,「まじめにやっている我々が,
だらしない国にお金を出してまでユーロ圏に留まってもらう必要が
あるのか?」とこれまた不満です.
「あんな奴らは追い出せ!」または「ユーロから脱退しよう!」
となります.

勝ち組と負け組の不満は「ユーロ」がなくなれば解消するので,
そうした動きはいつか現実香する,というのです.


問題は,今の「勝ち組」「負け組」にとって,ユーロがなくなると
本当にメリットがあるのか,またデメリットはないのか,という
ことです.

その一部は,こちらでも書きました.
 http://eeef.seesaa.net/article/156201416.html

次回は,それ以外の点についても続けます.
それまで,ぜひご自分で考えてみてくださいね.

もちろん,今は安心してユーロの取引をしていてください.

取引手数料無料(※10000通貨取引の場合)!【みんなのFX】

さらに FX関連商品を見る
posted by Globe at 00:35 | 為替相場予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。